旅行が活発に行われている季節

30-05

そうした人たちにうけているのがカーシェアで、皆で費用を出し合うので安くなるのです。ドライブをしながらも紅葉の景色を楽しむなど、まさに秋にしか出来ない最高の旅行のためには車の存在が欠かせないものであるともいえます。

ですが自動車の免許証は持っているのでたまの休みの旅行に車でドライブをしたいというニーズはとてもあり、それに応えてくれるものが車を複数の人間でシェアするという考え方なのです。けれど自家用車の所有率は地方と都心とでは何より差があり、都心部ではマイカーを持っていないというファミリーも珍しくありません。

都心部では車の維持費が地方の比ではありませんので、車に乗りたいけれど持てないといった事情があります。車のシェアでしたなら日常の出勤は電車で、週末のドライブにだけ乗るといったフレキシブルな使い方が可能です。

車は自分の所有物という発想は昔の物で、近頃はみんなの共有財産であるという考え方が徐々に浸透し始めてきているのです。道路網の整備もあって秋というと行楽の秋と言われているくらい旅行が活発に行われている季節ですが、電車などの公共の交通機関ではなくて車で自分の好きなような旅行をしたいというニーズは依然高くなっています。

ですから車が利用しやすいのです。